読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー女子の漫画の日々

漫画大好きな私のお気に入りや気になった作品を紹介してます。ネタバレもあります。

映画化【四月は君の嘘】ネタバレと感想

こんにちは~

最近映画化されたコミックにはまってます
にゃんにゃんです(*^^*)

 

今回紹介するのは

新川直司先生の【四月は君の嘘】です

 

 

 

 

やっぱ映画化される作品は
すごい出来ですよね

 

【四月は君の嘘】ネタバレと感想

 

 

主人公有馬公生は母親からの厳しい指導で
神童と言われるほど数々の
ピアノコンクールで賞を取っていました。

 

 

しかし母親が亡くなったことで
自分の弾くピアノの音が聞こえなくなり
全てがモノクロに見え
公生にとって時間が止まってしまったんですね

 

 

そんな公生を幼なじみの澤部椿
同級生の渡亮太が見守ります

 

3年が経ち
中学3年生の桜の咲く頃
椿がヴァイオリンニストの
宮園かをりを紹介します。

 

かをりはハチャメチャ自由奔放で
公生を振り回します

 

公生はかをりが気になりますが
かをりはすでに亮太と付き合っていました。

 


コンクールでは一音一音間違いなく
楽譜通りに弾くのが普通ですが
かをりのヴァイオリンは自由で
枠にとらわれない演奏でした

 

かをりの演奏を聴き公生は
次第にピアノに向かい始めます。

止まった時間が動き出したんですね・・・・
そしてモノクロの世界に色がつき始めます

 

かをりは実は病弱で大きな手術を控えてました


そんな中公生はピアノコンクールで
ショパンを弾きますが
その演奏中かをりの幻が現れ


「さよなら」と言って消えていきます




ここから何か悲しい予感です・・・・
鼻水流しなら読んでしまいました・・・


かをりの気持ちが切ないです

 

 

まんが王国なら無料試し読みができます

 

⇒まんが王国を無料でお得に読む方法