読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー女子の漫画の日々

漫画大好きな私のお気に入りや気になった作品を紹介してます。ネタバレもあります。

2016年冬 映画化決定 【虐殺器官】ネタバレと感想

こんにちは♪~♪

 

アラサー女子のにゃんにゃんです^^;

 

今日は、
虐殺器官』というまんがの紹介です。

 


今年の冬、映画化されるみたいで
気になって読んでみました。

 

 

原作はSF小説のようです
人気が出て映画化になったようです。

 

 

人気SF小説家 伊藤計劃さんの
デビュー作です。

 

 

虐殺器官】ネタバレと感想 

 

サラエボという国で手製の核爆弾が
投下されたところから話は始まります。

 

 

それにより世界中で核戦争が勃発してしまいます。

 

 

アフリカなど他の国が次々に巻き込まれ
核爆弾で多くの人びとが死んでいきます。

 

そこで、事態を重く見たアメリカは
対策チームを作り
核戦争収拾に動くのですが
世界はどんどん悪い方へ向かっていきます。

 

 

人が犯した過ちが
次々と世界を巻き込み
世界を滅亡へと進めてしまいます。

 

 

 

人の暗闇な部分が見える
どこか奥深い作品となってます。

 

 

いきなりグロいシーンから始まります。
この絵は~~~グロ過ぎ・・・
私はグロ系は結構読んでいますが・・・

 

 

あまりにも絵が~~~で
読むのに苦労しました。

 

 

グロすぎて少しづつページを
めくって読んでました。

 


絵がリアルすぎるんです。
体が引きちぎられているシーンは特に・・・です。

 

 

でも、これって本当に戦争や自爆テロ
起こっている地域では現実なんですよね・・・

 

 

先日もツイッター空爆を受けた建物の
中から救助された男の子は
体中埃と血だらけになってました

 

 

いつか日本も核戦争に巻き込まれるのでは無いかと
心配になってしまいます。

 

 

興味があったら読んでみてください
かなり人気で書店では
売り切れになっているようです

 

 

私は電子コミックで読むことが出来ました。

 

 

BookLiveで無料試し読みしたら
一気に読みたくなりました。

 

 

BookLiveは日本最大級の

電子コミックサイトで

無料お試しは登録しなくて読めるので

先ずは無料お試しを楽しんでください。

 

 

 

BookLiveの詳しい解説はこちらを

御覧ください。

 

 

⇒BookLiveでお得に無料試し読み