読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー女子の漫画の日々

漫画大好きな私のお気に入りや気になった作品を紹介してます。ネタバレもあります。

小栗旬主演映画 【ミュージアム】漫画ネタバレと感想

こんにちは♪

 

ちょっと寝不足の
にゃんにゃんです^^;

 

その映画のコミックを読んでみましたが
なんというか・・・

 

今、いろんな事件があるので
そんな中の1つであっても
不思議ではないかな・・・

3巻だけなので
さっと読めると思います。

 

では、今回紹介するコミックは
【ミュージアム】です。

小栗旬さん主演の映画が
2016年11月12日
公開されます

 

まずは原作のコミックを読んでみて下さい。

 

 

【ミュージアム】ネタバレと感想

 

残虐な殺人事件の現場には

第一の事件には『ドックフードの刑』
第二の事件には『母の痛みを知りましょうの刑』
第三の事件には『均等の愛の刑』

というメモが残されていました

 

この事件の捜査をしている刑事・沢村
聞き込みでレインコートを着た
カエルの面をかぶった人が事件前にウロウロ
していた事を突き止めます

 

この事で犯人らしい人を
『カエル男』と呼ばれるようになります

 

調べていくうちに被害者3人に共通の事に気が付きます。

 

それは ”幼女樹脂詰め殺人事件” の裁判員裁判で
裁判員・裁判官として関わった人達であるこでした。

 

沢村の妻も実はこの裁判の裁判員になっていて
メモを残す残虐な殺人事件に
巻き込まれてしまいます。

 

沢村はカエル男を調べていくうち
犯行は曇りか雨の日
カエルのマスク
レインコート
これらから日光アレルギーではないかと
推測します。

 

確信に変えるため病院を探し回り
カエル男の正体を突き止めます。

 

カエル男の名前は・・・

 

霧島早苗

 

事件に巻き込まれた妻と子供を
助けるため霧島の家に乗り込みますが
不注意から地下室に閉じ込められてしまいます。

 

なんとか地下室から出た沢村ですが
次の部屋では、妻と子供の生首の
フェイクを発見します。

 

いったい妻と子供は・・・・

 

そしてカエル男の霧島は警察に捕まる
前に言った言葉は・・・

 

ハラハラ・ドキドキのクライマックス
スピード感が有ります

 

あなたもこのハラハラドキドキ
感じてみませんか?

 

スマホですぐ読めるので
まんが王国オススメです

 

⇒まんが王国を無料でお得に読む方法