読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー女子の漫画の日々

漫画大好きな私のお気に入りや気になった作品を紹介してます。ネタバレもあります。

【女王の花】ネタバレと感想 

こんにちは~

漫画大好きにゃんにゃんです(*^^*)

 

最近はコミックほぼ電子書籍で買ってます。
もう本棚が一杯になっちゃって・・・・
平積みされているので^^;
電子コミックならいつでもどこでも
スマホ1つあれば読めるので
便利です!!

 

今回は、初めて少女コミック系を
紹介しますね
これもまんが王国で人気の作品なので
読んでみました。

 

【女王の花】ネタバレと感想 

 

紀元前、亜国・土国・黄国・曾国がありました。

亜国には黄国から嫁いで来た正妃の 
黃妃と娘の亜姫、
土国から嫁いできた第2妃の
土妃と息子(王子)が居ました。

 

黄妃と亜姫は土妃の嫌がらせで
満足に食事すら出来ませんでした。

 

ある日、土国は土妃の息子のために
青い目・金髪の少年を奴隷として送りました。

 

その少年の名前は薄星

薄星は土妃の息子を叩いてしまったことで
土妃に殺されそうになります

 

それを助けたのが亜姫でした。
恩を感じた薄星は
亜姫を主として一生使えると
言い出します。

ある日亜姫は母の病気を治したい為
母かもらった大切なかんざしを
売って薬を買おうと街にでかけます
しかしかんざしを偽物扱いされ
買い取ってもらえません

 

それどころか
薄星を売れと言われますが
拒否します。

 

そんな所に左目を布で巻いた男が現れます。
その男の名は青徹

青徹は薬をあげるから
薄星は鍛え・亜姫は全てを学ぶようにと
言います。

 

青徹は実は黄妃と亜姫親子を
知っていたのです。

 

青徹もまた黄妃を主として一生使えると
決めた人でした。

 

そんな中黄妃は土妃に毒殺され
亜姫は人質として国を追われます。

 

なんと土妃は自分の夫である
亜国の王も殺してしまうのです。

 

 

なかなかの波乱万丈な展開です
一体亜姫はどうなっていくのか・・・
土妃・・・すごいですね~~~
自分の息子を国王にするために・・・

 

ドキドキです

 

このお話まだ続いているので
新刊が待ち遠しいです

 

まんが王国なら無料お試し出来ます

 

⇒まんが王国を無料でお得に読む方法