読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー女子の漫画の日々

漫画大好きな私のお気に入りや気になった作品を紹介してます。ネタバレもあります。

【老いた卵子~妊娠適齢期~】のネタバレと感想

こんにちは~~(*^^*)

 

アラサー女子のにゃんにゃんです♪

 

今回は身につまされるお話を
読んでみました・・・

 

 

まるいぴよこ先生の『老いた卵子~妊娠適齢期~』

 

妊娠・・・女性なら
結婚したら妊娠するのが当たり前
という風潮が未だに根強い日本です。

 

 

しかし今は、色々な生活スタイルが有り
結婚・妊娠も色々な選択肢が出てきました。

 

女性の晩婚化に伴い不妊に悩む女性が増えてきてますね

 

また、男性不妊と言うのも問題になってきました。

 

 

それでも女性は自分が不妊症・妊娠しにくい体質と
わかると負い目を感じてしまう世の中です。

 

 

以前、ある芸能人が
「30歳超えると卵子が腐る」発言をして
問題になったりしましたよね。

 

その時、かなりバッシングが有りましたが
後々、不妊治療の相談などで
年をとるほど卵子も古くなると
言われるようになりました。

 

 

そんな社会問題を取り上げた作品なのです。

 

 

【おいた卵子~妊娠適齢期~】ネタバレ・感想

 

わがままに自分の思うように生きてきた
32歳の麻美。


まだ30代で独身は普通と
自分で稼いだお金を
エステ・アンチエイジングなど
女子力アップにつぎ込んでいました。

 

 

家に同居している姉は
不妊治療中で
麻美に

「年齢とともに卵子も老化して、
数も減り質も悪くなって
妊娠しにくくなるのよ」

と助言するのですが

 

「やっだ~~お姉ちゃん老化しちゃってるの~
 私は女子力磨いてるから大丈夫!!
 経済力のあるいい男と結婚して
 子供だってすぐ産んでみせるわ!!」

 

と言い放ち笑い飛ばしてました。

 

なんかこの時点で麻美の
傲慢さが・・・
この後どうなるのとワクワクしちゃいます。

 

 

そんな麻美も結婚を考えるようになり
婚活パーティーに参加しますが

「子供のことを考えるとできれば20代の人が・・・」と

年齢を理由に断られ続けます。

 

 

35歳になりやっと結婚できたのですが

 

 

近距離別居の姑が毎日のように
やって来ては

「孫はまだなの?」

と急かし、

「病院で診てもらうように」

と言うのでした。

 

さすがにこの姑に来られては
ストレスで妊娠しにくくなるかもね・・・
ストレスで不妊の人って多いらしいですから

 

 

病院で診てもらった結果

卵子が老化しています・・・

40代の状態です・・・」

「旦那さんの方も精子の動きが悪く

自然妊娠は難しでしょう・・」

不妊治療しかありません」と

きっぱり言われるのでした。

 

 

その診断に納得行かなかった麻美は
他の病院でも診てもらうのですが
結果は同じでした。

 

それを知った姑は、

「もっと若い子と結婚させるべきだった」

「子供が出来なければ離婚を考えてもらいますからね」

と麻美に嫌味を言います。

 

 

それからと言うもの
麻美は妊活に
サプリ、漢方、ヨガ・・・とさまざま試しますが
妊娠できません

 

 

とうとう麻美は鬱になり

「私のせいじゃない!」

「旦那だって精子が少ないって医者が言ってたわ!」

「あの旦那じゃなきゃ私だって妊娠する!」

「そう!他の人とだったら私ちゃんと妊娠するのよ!!」

 

 

そして・・・

麻美はとんでもない行動をしてしますのです

その結末は・・・・

 

 

この続きはまんが王国で読むことが出来ます。
まんが王国では無料で試し読みが出来るので
まずは、無料で読んでみてください

 

⇒まんが王国で無料試し読みする方法